FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.06

したくちびるを噛んで、「ヴ」!

ここ最近ボスに感じていた違和感―

その理由にやっと、気が付いた。


「瞳」だ。

ボスの瞳…近頃のボスはなんか目がきらきらしていた。

10年前―リング争奪戦時に登場したボスは常にオレ悪者だぜ!的な雰囲気をこれ以上ないくらい丸出しにしていて、いつ何時でも目つきが最悪だった。「気色の悪い無償の愛などうんこほども役に立たねーんだよ沢田ゴルァ!」といって中学生相手に年甲斐もなくブチ切れるような人だった。
私はそんなボスの怒りに惚れたのだ。鮫もなんかそんなようなことを言っていた。

しかし10年後ボスは、作者の陰謀か昔とくらべ遥かにキレイめに描かれており、何を色気づいたのか前髪をおろしてみたりして、え、誰?なくらいイケメソになっていた。
カラーでの登場が続いたせいもあるだろう。瞳はきらきら、前髪のせいでチャームポイントの割れ眉や額の傷跡も隠れ、かつての凶悪な面持ちは想像もつかないほどだ。
10年の歳月は人をこうも変えるのか…よもや「おまえ三十路も過ぎたことだしそろそろ大人になれば?その年になってトンガっててもさすがに寒いよ」とか心無いことを(親父とか鮫とか)に言われてちょっと傷ついてしまったのでは?なんて邪推さえしてしまう。

が!!

今週号のジャンプ(標的244)を読んでそれは杞憂に過ぎないと悟った。
ボスはやはりボスだった。ちっとも丸くなどなっていなかった。(いろんな意味で)
敵を睨み上げる瞳はウサ美ちゃん目つきわるっのときのウサ美ちゃんに勝るとも劣らない。
10年の年月が流れても、ボスにとって自分以外の人間はすべてうんこのカスに過ぎないようだ。髪を伸ばしたのはきっと、額のシワとかがそろそろ見え始めて年齢を感じてきたから前髪おろして隠しとこっかなー的な三十代も半ばのリアルな悩みのせいとかなんだろう。


つまり私が言いたいのは、なんやかんや言ってボスがだいすきです。
でもやっぱ昔の髪型のほうがかっけーと思う。次回扉絵はきっとボスですね!ウフフ…
おーるはいるざんざす!イェー



(復活!本誌でヴァリアーが再登場してすごくうれしいというだけの話)
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://oo0chimoknife0oo.blog28.fc2.com/tb.php/609-f4f2f923
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。